banner1 banner2 banner3

研究室について

本研究室では、ゲノムの進化,特にヒトのゲノム進化を、コンピュータ解析とゲノム配列決定の両側面から研究しています。主要な研究テーマとしては、(1)現代人と古代人のゲノム解析、(2)哺乳類を中心とした多様な生物ゲノムの配列決定とその解析、(3)分子進化研究で有用な系統解析法の開発。現在,教員2名(斎藤成也教授、Timothy A. Jinam助教;マレーシア人)と3名の研究補助員がいます。


斎藤成也教授は、2018年度から5年間の予定ではじまった新学術領域研究「ヤポネシアゲノム」の領域代表です。日本列島人の起源と成立をさぐる研究に皆様から広くご支援をいただければさいわいです。本プロジェクトへの寄附を希望される方は、斎藤研究室にご連絡ください。

 

参考書籍:
Saitou Naruya (2013) Introduction to Evolutionary Genomics. Springer.
斎藤成也 (2007) ゲノム進化学入門. 共立出版

 

新学術領域研究ヤポネシア人の総合的研究のホームページ

第72回日本人類学会大会のホームページ

斎藤成也の予定講演リスト


 

What's new

2018年11月25日

斎藤教授が群馬県みどり市岩宿博物館で開催される岩宿大学で講演します。

タイトル:DNAから日本人の歴史を推理する

2018年11月20日

斎藤教授が茨城大学遺伝子実験施設シンポジウムで講演します。
タイトル:ゲノム中の非コード領域における正・負・ゼロの自然淘汰

2018年11月1日

斎藤教授が中国・昆明の中国科学院植物研究所において講演しました。
タイトル:Characteristics of molecular phylogenies and methods to construct phylogenetic trees

2018年10月31日

斎藤教授が中国・昆明の中国科学院動物研究所において講演しました。
タイトル:Evolutionarily conserved nonconding sequences (CNSs) may bridge gap between DNA and morphology

2018年10月27日

斎藤教授が中国・南京大学で開催された国際演化言語学会議において講演しました。
タイトル:Coevolution of DNAs and languages in Japanese Archipelago and its surrounding area

【What's New一覧】

日本語による発表物

2018年10月1日

斎藤成也(2018)日本列島人の起源に文理融合研究でせまる.  実験医学,10月号Vol.36No.16,2788頁. *PDF*

2018年9月1日

斎藤成也(2018)縄文人の身体・DNAのヒミツ.  Discovery Japan 9,82-83頁. *PDF*

2018年7月1日

斎藤成也(2018)日本人の源流をさぐる 核DNA解析で見えてきた由来. てんとう虫/express,7・8月号, 10-11頁. *PDF*

【日本語による発表物一覧】

メンバーサイト 学生募集

連絡先

斎藤成也
国立遺伝学研究所
集団遺伝研究部門 斎藤研究室 教授
(兼任)総合研究大学大学院
生命科学研究科・遺伝学専攻 教授
(兼任)東京大学大学院
理学系研究科生物科学専攻 教授

電子メール : mail

TEL : 055-981-6790

FAX : 055-981-6789

〒411-8540

静岡県三島市谷田1111

banner2-1 banner2-2 banner2-3