banner1 banner2 banner3

研究室について

本研究室では、ゲノムの進化,特にヒトのゲノム進化を、コンピュータ解析とゲノム配列決定の両側面から研究しています。現在,教員2名(斎藤成也教授、Timothy A. Jinam助教;マレーシア人)と3名の研究補助員がいます。2017年10月には、文部科学省の奨学金を得てインドから留学生が来る予定です。このページをみて大学院入学に興味を持った方は、 総合研究大学院大学遺伝学専攻のページも御覧ください。また斎藤教授は,東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻の教授も兼任しています。

 

参考書籍:
Saitou Naruya (2013) Introduction to Evolutionary Genomics. Springer.
斎藤成也 (2007) ゲノム進化学入門. 共立出版


太田朋子国立遺伝学研究所名誉教授が2016年の文化勲章を受章

太田朋子先生は、国立遺伝学研究所の集団遺伝研究部門で長く研究をされ、現在も、集団遺伝学の雑誌抄読会に毎週参加されています。1976年に本集団遺伝研究部門の初代部長(のちに教授)だった木村資生博士が文化勲章を受章されからちょうど40年後の2016年に、おなじく集団遺伝研究部門の教授をされた太田朋子先生が、ふたたび文化勲章を受章されました。このことは、集団遺伝学分野を含む日本の進化学研究が、世界に大きく貢献してきたことをしめしており、本研究部門でもとても光栄に思っております。
集団遺伝研究部門 教授 斎藤成也

遺伝研HPより

 

What's new

2017年6月20-22日

韓国のソウルで"The 15th Korea-Japan-China Bioinformatics Symposium"が開催されます。

斎藤教授が「Genomic history of modern humans in East Eurasia」という講演をします。

2017年5月18日

斎藤教授がグループダイナミックス研究所価値の伝承セミナー・矢向で「日本人はどこから来たのか-縄文時人の遺伝子から-」という講演をしました。

2017年4月9日

斎藤教授が日本生物地理学会 2017年度大会シンポジウムで「DNAにもとづく集団の系統関係と言語の系統関係との差異について」という講演をしました。

2017年3月27-29日

NIG 国際シンポジウム Genome Evolution at Mishimaを主宰しました。

2017年3月15-19日

GAL Workshop Human evolution in Eurasia elucidated through Genetics, Archeology, and Linguisticsを主宰しました。

【What's New一覧】

日本語による発表物

2017年5月1日

斎藤成也(2017)いま学ぶべきこと「ヒトの遺伝学:ヒトゲノムと遺伝病」-ヒトの遺伝について何がわかっているか. 生物の科学  遺伝, 第71巻, 第3回, 244-248頁. *PDF*

2017年2月1日

斎藤成也(2017)2016年読者アンケート. みすず, 656号, 16頁. *PDF*

2016年12月1日

斎藤成也 監修(2016)『DNAでわかった日本人のルーツ』宝島社. 表紙  目次と訂正 

【日本語による発表物一覧】

メンバーサイト 学生募集

連絡先

斎藤成也
国立遺伝学研究所
集団遺伝研究部門 斎藤研究室 教授
(兼任)総合研究大学大学院
生命科学研究科・遺伝学専攻 教授
(兼任)東京大学大学院
理学系研究科生物科学専攻 教授

電子メール : mail

TEL : 055-981-6790

FAX : 055-981-6789

〒411-8540

静岡県三島市谷田1111

banner2-1 banner2-2 banner2-3