banner2-1

研究室について

本研究室では、ゲノムの進化,特にヒトのゲノム進化を、コンピュータ解析とゲノム配列決定の両側面から研究しています。主要な研究テーマ:(1)現代人と古代人のゲノム解析、(2)哺乳類を中心とした多様な生物ゲノムの配列決定とその解析、(3)分子進化研究で有用な系統解析法の開発。現在,斎藤成也特任教授、Timothy A. Jinam助教(マレーシア人)、鈴木留美子特任准教授と2名の研究補助員がいます。


斎藤成也教授は2022年3月末に国立遺伝学研究所を退職しました。4月1日からは、ジェネシスヘルスケア社との共同研究費用を使って、特任教授となりました。鈴木留美子特任准教授もこの共同研究で雇用されています。


斎藤成也教授が2022年3月5日(土)におこなった以下の最終講義(日本語)は、http://sayer.nig.ac.jp/videos/2022-03-05-Saitou-Final-Lecture-in_Japanese/からご覧できます。
タイトル:31年間における遺伝研での研究と教育をふりかえる

斎藤成也教授が2022年2月4日(金)15:30-16:30におこなった以下の最終講義(英語)は、http://sayer.nig.ac.jp/videos/2022-02-04-Saitou-Final-Lecture-at-NIG/からご覧できます。
タイトル:Phylogeny, human evolution, and CNSs: three main areas I studied for almost 45 years of my research

斎藤成也教授は、2018年度から5年間の予定ではじまった新学術領域研究「ヤポネシアゲノム」の領域代表です。日本列島人の起源と成立をさぐる研究に皆様から広くご支援をいただければさいわいです。本プロジェクトへの寄附を希望される方は、斎藤研究室にご連絡ください。

 

日本進化学会大会第24回沼津大会(2022年)のホームページ 

 

参考書籍:
Saitou Naruya (2018) Introduction to Evolutionary Genomics Second Edition. Springer.
斎藤成也 (2007) ゲノム進化学入門. 共立出版
斎藤成也の著作

 

Asia Genome Tao Center (AGTC)

新学術領域研究ヤポネシア人の総合的研究のホームページ

第72回日本人類学会大会(2018年)のホームページ

ゲノム概念誕生百周年記念シンポジウム(2021年)のホームページ

斎藤成也の予定講演リスト

斎藤成也のVOICE CUE[ボイス・キュー]エフエムみしま・かんなみの You tube リスト

                                       2021年、 2020年2019年2018年2017年2016年


 

What's new

2022年5月8日

斎藤成也教授のエッセイ第3回が福井新聞「時の風」に掲載されました。以下からダウンロードできます。<PDF>

2022年5月7日

斎藤成也が領域代表をつとめている新学術領域研究「ヤポネシアゲノム」のメンバー4人が共著者となった、多数のマウスゲノムを解析した以下の論文が、ゲノム進化の専門誌Genome Biology and Evolutionに発表されました。

Insights into Mus musculus population structure across Eurasia revealed by whole-genome analysis
藤原一道、河合洋介 (B03班)、高田豊行、城石俊彦、斎藤成也 (A01班)、鈴木仁 (A03班)、長田直樹 (B03班)
Genome Biology and Evolution, evac068, ジャーナルwebsite

2022年4月27日

台湾国立大学から依頼を受け、"Genomics and Systems Biology Seminar Series"において、オンラインでゲノム進化学の講義をおこないました。

2022年4月20日

斎藤研究室で研究し、昨年9月に総合研究大学院大学遺伝学専攻から修士号を授与されたKaisar Dauyeyさんの論文が日本人類遺伝学会の機関誌Journal of Human Geneticsに受理されました。

Dauyey K. and SAITOU N. (2022) Inferring intelligence of ancient people based on modern genomic studies. 

2022年4月11日

斎藤成也研究室と以前から共同研究を進めてきたカザフスタンの研究者が論文を発表しました。<PDF>

【What's New一覧】

日本語による発表物

2022年2月2日

岩波書店から刊行されている雑誌「科学」2月号」の特集「縄文遺伝子×考古学:新たな展開と謎」の150-153頁に、斎藤成也教授が「埴原和郎の二重構造モデル論文発表から30年」と題した原稿を発表しました。

雑誌ウェブサイト:https://www.iwanami.co.jp/kagaku/

2021年12月28日

国立沖縄自然史博物館設立準備委員会発行の雑誌ナチュラルヒストリーミュージアム No. 3の19-27頁に、斎藤成也教授が「ハクブツカンよ、人類文明の根幹たれ」と題した原稿を発表しました。

雑誌ウェブサイト:https://sites.google.com/view/okinawa-natural-history-museum/publication?authuser=0

2021年12月15日

斎藤成也教授が、『人類はできそこないである』をSB新書から刊行しました。
ウェブサイト:https://www.sbcr.jp/product/4815603113/

【日本語による発表物一覧】

連絡先

斎藤成也
国立遺伝学研究所
斎藤研究室 特任教授

電子メール : mail

TEL : 055-981-6790

FAX : 055-981-6789

〒411-8540

静岡県三島市谷田1111