|English|

日本進化学会年大会 第24回沼津大会

日程:2022年8月4日(木)〜7日(日)
会場:プラサヴェルデ(JR沼津駅北口)国立遺伝学研究所(三島市)
共催:文部科学省新学術領域研究「ヤポネシアゲノム」

Home 大会概要 スケジュール プログラム 参加・一般発表申込 公開講演会 アクセス

Plenary Lectures
日時:2022年8月6日(土)15:00-17:25
場所:プラサヴェルデ

15:00-15:05 Opening remark

15:05-15:50 Professor Axel Meyer, Univ. Konstanz, Germany
Title: Genomics of parallel adaptations and sympatric speciation

15:50-16:35 Professor Takashi Gojobori, KAUST, Saudi Arabia
Title: Comparative marine metagenomics of microbial diversity and evolution

16:35-17:20 Professor Shinya Miyagishima, NIG, Japan
Title: Understanding the origin and evolution of photosynthetic eukaryotes focusing on oxidative stress


17:20-17:25 Closing remark

公開講演会 
日時:2022年8月7日(日)14:00-16:30
場所:プラサヴェルデ

14:00-14:05 はじめに
14:05-14:40 篠田 謙一(国立科学博物館 館長)
タイトル:ゲノムで分かった日本人の起源
14:40-15:15 佐藤 洋一郎(ふじのくに地球環境史ミュージアム 館長)
タイトル:イネはどのように日本社会に受け入れられるようになったか
15:15-15:50 井ノ上 逸朗(国立遺伝学研究所人類遺伝研究室 教授)
タイトル:新型コロナウイルス、SARS-CoV-2、のゲノム解析からわかる感染動向
15:50-16:25 寺井 洋平(総合研究大学院大学先導科学研究科 助教)
タイトル:ヤポネシアは古い系統の貯蔵庫: ニホンオオカミと古代犬から探るイヌの起源
16:25-16:30 おわりに

大会運営事務局:
国立遺伝学研究所 斎藤成也研究室

2022年5月23日現在