シンポジウム「進化学と自然史博物館」

日時:2017年9月30日(土)午後2時〜午後6時
場所:東京大学 理学部二号館 大講堂(本郷キャンパス、赤門はいって右、経済学部のとなりの建物の4階です)
共催:日本学術会議東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
後援:日本進化学会
参加料:無料(どなたでも参加していただけます。参加登録の必要はありません)

プログラム

14:00〜14:05 主催者あいさつ
14:05〜14:25 講演1:西田 睦(琉球大学 副学長*)
タイトル:琉球列島域に国立自然史博物館を創設しようという構想
14:25〜14:45 講演2:長谷川政美(統計数理研究所 名誉教授)
タイトル:生物多様性の進化を表現する系統樹曼荼羅
14:45〜15:05 講演3:西田治文(中央大学理工学部 生命科学科 教授*, #)
タイトル:化石の植物学と自然史科学
15:05〜15:25 講演4:深津武馬(産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門生物共生進化機構研究グループ 首席研究員*, #)
タイトル:共生・進化・多様性
15:25〜15:45 休憩
15:45〜16:05 講演5:岡ノ谷一夫(東京大学大学院総合文化研究科 岡ノ谷研究室 教授*)
タイトル:鳥類の家禽化によるさえずりの変化
16:05〜16:25 講演6:長谷部光泰(基礎生物学研究所 生物進化研究部門 教授*)
タイトル:学問分野を統合するような自然史博物館への期待
16:25〜16:45 講演7:斎藤成也(国立遺伝学研究所 集団遺伝研究部門 教授*, #)
タイトル:進化研究を中心とした自然史博物館の構想
16:45〜17:05 講演8:佐藤矩行(沖縄科学技術大学院大学 マリンゲノミクスユニット 教授*)
タイトル:自然史博物館におけるゲノム科学の役割
17:10〜18:00 総合討論:自然史博物館に期待すること

* 日本学術会議 統合生物学委員会 進化学分科会委員
# 東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 兼任教授

問い合わせ先:
国立遺伝学研究所・集団遺伝研究部門
斎藤成也(日本学術会議 統合生物学委員会 進化学分科会 委員長)